アヴァトレード・ジャパン(関東財務局長(金商))は、最大の外国為替プラットフォームの1つであるMetaTrader 5を現地オフィスで導入し、日本のトレーダーは、この強力なプラットフォームのデスクトップ、モバイル、およびWebバージョンにアクセスできるようになりました。

MetaTrader 5プラットフォームには、AvaTradeのトレーダーにとって多くの利点があります。

  1. 低スプレッド(0.4ピップス)、最も効率的な取引ツールとリソース
  2. 株式、インデックス、ETFを含む何百もの追加の取引商品
  3. PC、iOSおよびAndroid用のMetaTrader 5モバイルアプリケーション、Webブラウザーなど、あらゆるデバイスからの簡単なアクセス
  4. 強力な分析: 21の時間枠、組み込みのテクニカル指標とグラフィカルツール
  5. 自動売買ロボットの開発とテスト: 多通貨ストラテジーテスターと組み込みMQL5開発環境
  6. ワンクリック取引、高速注文執行

アヴァトレード・ジャパンCEOの丹羽博氏は述べています。「弊社が日本の市場でMetaTrader 5をいち早く採用したことを発表できるのを嬉しく思います。これは、お客様に最新かつ最も革新的なソリューションを採用するという業界リーダーとしての弊社の長期戦略の一部です。それを実現できたのは、弊社戦略パートナーが率いるMetaQuotesとの緊密かつ強力な関係のおかげです。」

AvaTradeが日本でMetaTrader 5を導入

アヴァトレード・ジャパンCEO丹羽博氏

アヴァトレード・ジャパン株式会社は関東財務局長(金商)によって認可(第1661号)されており、金融先物取引協会および日本投資顧問協会の会員です。